AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

ポケモンGOがハゲもんGOになる!?

集団で

全国各地でポケモンGOが大人気ですね。先日も神社に行ったら、似つかわしくない若者がトコトコ。もちろん手にはスマホを持っていて、ポケモン探しをしておりました。

いつまで続くかポケモンGOって感じですが・・・。「歩く場所によっては大丈夫だろ!人ごみの中とかに入らなければ」なんていう声が聞こえてきそうです。

ポケモンじゃなくてハゲゲット?

ポケモンGOのおかげで引きこもりが外に出るのでは、とか、運動不足が解消されるのでは、なんていう声もあるようですが、普段外に出慣れない人がポケモンを探すためだけに外に出るのであれば気を付けないと、「はげモンGO」になってしまう可能性があります。

ポケモン探してハゲゲット!なんていうことにならないように、ポケモン探しの旅に出かける前には是非ご一読ください。命を守るのも、髪を守るのもあなたです!!ww

ポケモンGOって何なのさ

ゲットだぜ
引用元:appbank http://www.appbank.net/2016/07/22/iphone-application/1230767.php

なぜポケモンGOがハゲもんGOになるのかをお伝えするには、ポケモンGOについて簡単に説明する必要がありますね。ポケモンGOというのは、すご~く簡単に言うとスマホでポケモン探して回るゲームです。

どこに何がいるかは未定、でも神社のようなところではポケモンボールがチャージできることがあり、人の多い場所ではレアなポケモンが出る、ということで話題になっています。最近ではそのスポットから削除してくれ、というような要請を出す所も多くなっています。

北海道新聞

ポケモンGO配信2週間 あふれる人人人 削除要請も続々

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の国内配信から2週間が過ぎた。ブームは冷めず、スマホを手に熱中する人が街にあふれる。現実世界を舞台にゲームの人気を集客に生かす動きが広がる一方、画面に集中するあまりマナー違反も深刻化し、開発元にゲーム上の拠点の削除を求める要請も相次ぐ。

まあ、基本的にはとにかくスマホを持ってウロウロしてまわるのですが、これが危険なんですね。下を向いたままウロウロしている人の中には、帽子も何も被らず炎天下の中を歩いています。

ポケモンGOは紫外線でハゲもんGOになる?

熱中症の危険もありますが、紫外線による髪と頭皮へのダメージは半端ないです。紫外線は髪の奥まで入り込み、水分を奪い取ります。水分が奪われれば、髪を守っているキューティクルも弱り、さらにその隙間にさらに紫外線が入り込むという悪循環を引き起こします。これは「東京五輪の追加競技・サーフィンはハゲる?」を要チェック。

頭皮も同様。紫外線によってダメージを受けた頭皮は水分が奪われ、日焼けという軽いやけどと同じ状態になります。ひどい場合は本当に水膨れになることだってあるのです。そうなれば皮膚には大きなダメージが残り、毛穴が潰れてしまいますよね。これはひどいやけどをした人の皮膚がどういう状態になっているか見れば分かるでしょう。

そこまでにいたらなくても、頭皮の水分が奪われダメージを受ければ、頭皮はどんどん厚く、硬くなっていきます。当然のことながら髪は生えにくくなりますし、毛穴が狭まるので生えて来る髪も細くなっていく可能性は否めません。


ポケモンGOは雨や汗でハゲもんGOになる?

濡れたら大変

そしてこの時期は突然の雨に襲われることも多いですね。夕立、ゲリラ豪雨。加えて汗だくになったまま髪もびしょ濡れ、というようなことはザラです。これがさらに髪と頭皮にダメージを与え続けるのです。詳しくは「ゲリラ豪雨から髪を守る携帯品は?」を。

水に濡れた髪はもつれやすくなります。そうすると髪自体が切れ毛になりやすくなります。切れ毛が増えれば当然その部分は薄く見えるようになりますし、実際薄くなるため、紫外線のダメージをさらに受けやすくなるという悪循環に陥ります。

また、塩分や雨に含まれるごみなどが髪からケラチンを溶かし出し、キューティクルをはぎとっていきます。髪はバサバサになり、頭皮は痛み、気が付けば薄毛促進状態。まさにハゲもんGOの状態へといざなわれていくのです。

ちゃんと対策しないと大変ですよ!

対策としては帽子を被る、汗をかいたらちゃんと洗髪をする、濡れた髪はすぐに乾かすなどです。そしてできれば紫外線がひどい時間帯には不用意に外に出ない、ということが挙げられます。

それよりポケモンが・・・なんて言っている場合でありません。注意一秒、毛は一生なのです!髪の毛はしっかり守りましょう。ポケモンGO、飽きた頃には蒼白になって薄毛治療のクリニックを探して歩くことになるかもしれませんよ。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます