AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

育毛薬3種の効果と副作用!

いろいろ

育毛薬。毛を育てるための薬なのですが、あくまでも薬なので副作用もあります。どの薬にどのような効果があり、どのような副作用があるのかを詳しく知っておくと処方された時にもきちんと納得して使用することが可能です。

では、今現在でクリニックに処方されることが多いプロペシア、ザガーロ、そして外用薬としてのミノキシジルの3つに絞ってお話をしていきたいと思います。

育毛薬の効果って?

これらの薬の効果としては、体内で生成される5αリダクターゼを阻害する働きがあります。AGAはこの酵素が男性ホルモンであるテストステロンを脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変化させてしまうため、脱毛が起こるという仕組みになっています。それを阻害するのがこれらの薬になります。

プロペシアってどんな薬?

まずプロペシアです。主成分はフィナステリドで、もともとは前立腺の治療薬として開発されたのですが、その発毛作用が認められ、AGA治療の薬として処方されるようになりました。今出ているジェネリック、ファイザーやサワイなどはこちらのジェネリックになります。

プロペシアは5αリダクターゼのⅡ型に作用するとして知られています。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型とあり、Ⅱ型の方がAGAに大きな作用をもたらすため、こちらを阻害すると薄毛・抜け毛をストップすることができるんですね。

プロペシアの副作用って?

しかしこちらには副作用もあります。重篤なものはまれに起こる肝機能障害があります。そして多くの悩みとして聞かれるのがED、性欲減退です。しかしこれに関しては前評判のせいでの思い込み、というのも強いようだというデータもあります。

その他めまい、吐き気、腹痛、胃痛など通常の風邪薬などでも副作用として挙げられているようなものと同様の副作用が挙げられます。

ザガーロってどんな薬?

次は高い効果を得られる、と評判になっているザガーロです。主成分はデュタステリドで、こちらも前立腺の治療薬として開発されたものです。経緯はプロペシアと同じですね。こちらはまだ新しい薬なので、ジェネリックは出ていません。

なぜ高い効果を得られると言われるのかと言うと、こちらは5αリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型両方に効果を発揮してくれるからなのです。そのため、その効果は2倍、3倍になると言われています。

ザガーロの副作用って?

それだけの効果を得られる、ということは副作用もやはりやや高いのを覚悟しなければいけません。副作用の内容はほぼ同じなのですが、それにプラスして、女性は触れてはいけない、ということが入ります。特に妊娠中の女性は、お腹の子が男の子であればその性器に奇形を生じることがあると言われます。妊娠中でなくとも、女性の乳房に対する支障が出る場合がありますので、とにかく女性からは遠ざける必要があるのです。

ミノキシジルってどんな薬?

そして外用薬として有名なミノキシジル。これはリアップに配合されているので聞いたことがあると思います。これはもともと高血圧の薬として処方されていましたが、発毛効果が認められたため、発毛・育毛のための外用薬として処方されるようになりました。内服タイプのタブレットもありますが、正式には処方されていません。

この効果は、毛細血管を拡張することによる血行促進作用が主になります。皮膚から浸透させ、頭皮の血行促進をすることによって発毛を促進します。

ミノキシジルの副作用って?

副作用としては、血圧が低い人はさらに血圧が下がってしまうため危険になってしまいます。また、発毛作用が高いので、全身が多毛症気味になってしまうこともあると言われています。

育毛薬についてのまとめ

いかがだったでしょうか。今クリニックで処方されることの多い育毛薬の効果、副作用をまとめてみました。これを知っていれば、どのような薬を処方されても「飲んでも大丈夫かな」という心配をせずに使用することができますね!

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます