AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

薄毛に効く育毛剤を探す方法は?

生える

これを塗れば魔法のように毛が生えてきます。そんなすごい育毛剤があれば、誰だって欲しいですよね。薄毛に効く育毛剤って、実際の話本当にあるのでしょうか。

結論から言うと、育毛剤は薄毛の状態によってはきちんと効果を発揮してくれます。今から挙げるような成分が配合されているものを選んで使ってみてはいかがでしょうか。

育毛剤が効く人、効かない人は?

その前にまず、育毛剤が効く人、効かない人についてお話したいと思います。まず育毛剤が効くのは、頭皮の状態が悪くて薄毛になっている人、そしてAGA治療薬を服用している人です。そして他の治療法を併用すれば、ストレス性の薄毛等も治すことができるでしょう。

というのも、頭皮の環境が悪くて薄毛、抜け毛が増えている人は、頭皮の状態をきちんと改善すれば見違えるようになります。頭皮が荒れたり、毛穴が詰まったりしてきちんとした髪の毛が生えなくなっているのであれば、これを治してあげるといいのです。

そしてAGA治療をしている人は、体内のホルモンの変化をストップさせているので、後は頭皮環境を整えるだけになります。これには育毛剤が有効なのですね。

薄毛に効く育毛剤の成分は?

さて、では薄毛に効く育毛剤に入っている成分をお伝えしましょう。まず、薄毛に悩む人なら誰もが知っているミノキシジルです。ミノキシジルはリアップに含まれていることでも有名ですよね。

このミノキシジル、もともとは高血圧の治療の薬として開発されたものですが、発毛効果が認められたため、薄毛治療に使われるようになりました。これは毛細血管を拡張し、血液の流れを良くする効果があります。血液は栄養や酸素を運ぶ大切な役割があります。これが隅々まで行きわたることにより、毛根に栄養を届けることができます。そしてその結果元気な髪が生えて来る、という訳です。

そしてセンブリエキス。センブリといえば便秘解消などに効果がある、と言われます。実はこれ、末梢血管の拡張作用、そして毛根を活性させる作用があります。センブリはその苦さでも知られていますが、その苦み成分に効果があるようです。これは今話題になっているチャップアップやブブカ、ポリピュアなど通販で人気の育毛剤に多く配合されているようです。


そしていろいろな育毛剤に配合されているグリチルリチン酸2K。これは頭皮の炎症を抑え、環境を改善させる働きがあります。頭皮にトラブルを抱えている人にはかなり効果的です。シャンプー等が合わずに頭皮に炎症があったりするとどうしても良い髪が生えませんし、抜け毛が一時的に増え、薄毛になってしまうこともあります。これを予防してくれるのがグリチルリチン酸2Kなのです。これは薬用サクセスなどにも配合されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

このような成分が配合されているものが、薄毛に効く育毛剤の特徴となります。市販されているものでこれらの成分が配合されているものを探してみてください。インターネット上でもいろいろ販売されているので、チェックしてみるのもいいですね。

効果が出ない人もいます!

しかし、これが効くのは頭皮環境だけにトラブルがある人の場合です。薄毛の原因が体内のホルモン変化で起こるAGAである場合は、いくら良い育毛剤を使っても薄毛の進行は止まりません。こればっかりは、体外から何とかしようと思っても難しいからです。

薄毛にお悩みで、どんな育毛剤を使ってもなかなか効果が出ない、と悩んでいるのなら、それはAGAなのかもしれません。育毛剤をあれこれ使う前に、一度きちんとAGAでないかどうかを検査してみてはいかがでしょうか。AGAは早く対処すれば毛根が死ぬ前にきちんと対処することができます。植毛するしかない、となる前に、AGAの本格的な治療を開始することをお勧めします。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます