AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

クリニックで薄毛治療「メソセラピー」

新緑

薄毛治療には様々な治療法があります。「メソセラピー」も治療のひとつですが、近年技術も進歩してきました。また、最新の技術を取り入れているクリニックも増えてきています。

※メソセラピーとは、治療目的に応じた薬を注射器等を用いて体内に注入し、治療効果を得る治療法です。発毛育毛メソセラピーの目的は、毛乳頭や毛包の細胞レベルの活性を促し、細く弱々しい毛を太くて強い毛に再成長させることです。

1.毛髪をよみがえらせる「メソセラピー」

毛髪を発育させるメソセラピーの治療法
従来は注射器や針を使用して頭部に薬剤を注入する方法がとられていますが、注射器を使わずに電気穿孔法(電気の刺激を利用して治療薬を頭皮に直接入れる方法)を用い、発毛に有効な成分を直接注入して、内服薬と併用して発毛効果を高める治療法が主流になってきています。特徴として、傷跡が残らない、痛みが少ないことが挙げれらています。

1-1.「メソセラピー」に向いている人

薄毛に悩んでいる人には魅力的な発毛育毛メソセラピーですが、症状や薄毛の原因によっては不向きな場合があります。

ではいったいどのような症状の人に向いているのでしょうか。
・全体的に髪が薄い、分け目が気になる
・内服薬だけでは薄毛が改善しない
・植毛に抵抗がある
・薄毛が広範囲の場合
・植毛が出来ない(自毛植毛が困難)
・毛根が生きている
・・・など

薄毛には悩んでいるが植毛には抵抗がある、植毛するまでには至っていない人や、植毛は局所的な薄毛には向いているが全体的な薄毛には不向きなので、全体的に薄くなりがちな女性の方などに、この発毛育毛メソセラピーは向いていると言えます。

毛根が弱っていても生きている状態であるのなら、メソセラピーの方法により薄毛の回復が望めます。まずはカウンセリングを行いますが、治療の前の診察や検査によって、治療が出来るか否か判断できます。

1-2.内服療法と「メソセラピー」

内服療法の暗点
AGA治療の基本はフィナステリドなどの内服薬での治療です。薬治療では、薬剤がまず血流に沿って全身に回り、毛根に到達します。そのため、服用した薬の成分すべてを直接毛根に働きかけることが出来ません。毛根に十分薬剤を送るために服用する量を増やしても、またその量が全身にめぐる為、副作用を招くリスクが高くなります。

直接毛根に薬剤を注入できる発毛育毛メソセラピーを併用することによって、内服薬の量を変えずに治療が出来、発毛の効果を高く上げることが出来ます。

1-3.費用はいくらくらいかかるのか

「メソセラピー」にかかる平均的な料金
治療はおよそ6ヶ月の間に数回行われますが、150,000円から200,000円程かかります。その後も定期的に治療を行うことが多いです。植毛では約800,000円程になりますので、比べると、負担は軽くなります。

1-4.使用される薬剤について

治療に使われる薬剤
薬剤を頭皮に注入し、毛母細胞を活性化させて発毛を促進させます。毛髪が成長するには、毛母細胞が分裂し続ける必要があります。そのため、定期的に毛母細胞へ十分な栄養を注ぎます。薬剤には多くの育毛成分が含まれていますが、クリニックごとにオリジナルなものが使われています。

髪の主成分であるタンパク質、ヒアルロン酸、ミノキシジルなどが成分として使われていますが、クリニックによって内容は違います。また、それが特徴になっているので、発毛育毛メソセラピー療法を考えている人は、クリニックを選ぶ手段にもなるでしょう。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます