AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

酷暑でもカツラ愛用者が快適に過ごすには?

地球温暖化が進み、年々夏の気温が上がっている気がする日本。あれこれ暑さ対策はしても、やっぱりどこもかしこも暑い!

暑い時期には頭にも多大な汗をかきます。毛穴があるところ汗腺あり。ムレてムレて仕方がない時もあるでしょう。帽子なんて被っていられない!

この猛暑、カツラでも快適に過ごせる?

そんな暑さの中では、カツラを被っていても脱ぎ捨てたくなってしまいますね。しかし、これを取ったらハゲがばれてしまう・・・困ったものです。そこで、カツラでも快適に過ごせて暑さを乗り切れる方法をあれこれ探してきました!

カツラはいろんな人が使ってる?

今やカツラを使っているのはハゲた人だけに限ったことではありません。ウィッグ、おしゃれカツラという名でいろんな人が使っています。例えば夏場、女性であれば浴衣を着た際などに使うこともあります。快適に使えるように工夫されているものも増えてきているのです。

通気性の良いものを使う

ウィッグの工夫として、頭全体を覆うのではなく、所どころに大きな穴が開いているということがあります。本来はここから地毛を出し、目立たなくするためのものだったのですが、これのおかげでかなり通気性がよくなっているのです。

そもそもウィッグ自体、ネットが使われていることが多いので完全に頭を覆い、ムレてしまうということはほぼないのですが、それでも髪の毛は動物の毛と同じようなもの。マフラーや毛糸の帽子を被っているのとほぼ同じような暑さです。ですから、できる限り通気性のよいものを使う工夫が必要になります。



アンダーラップを使ってみる

カツラを被っている方の中には、薬の副作用などで脱毛している人もいるでしょう。完全に脱毛している状態の場合、カツラは頭に貼り付けるような形のものが多いですね。そうすると汗をかけばはがれてしまいます。

そこで活躍するのが、舞妓さんが使っているアンダーラップ。よく、肌色のものを巻き付けてからカツラを被っているシーンなどがあると思いますが、その肌色のものがアンダーラップです。これを頭に巻き付けることにより、これが汗を吸い取ってくれます。

これだけでもかなり快適に過ごせますし、汗がダラダラと流れて来るのを防ぐことができます。もともとはテーピングの下に使うものなので、スポーツ用品店やドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

テープ
引用元:リンドバーグ http://www.lindsp.com/fs/lind/lu

ガーゼを一枚入れてみる

同じように使えるのが、ガーゼです。ガーゼは薄く、吸水もしてくれるのでカツラの下につけるにはうってつけなのです。黒いガーゼを買って来て適当なサイズにカットして縫い、汗をよくかく部分に当てておくのです。

面倒な方は、市販されているガーゼ製のインナーキャップを購入して使うという手もあります。汗を吸い取ってくれるし、薄くてすぐに乾くので毎日洗うことができます。何枚か洗い替えを持っておくと常に清潔に保つことができます。

頭皮ケア用スプレー&シートを使う

それでも汗はかくものです。頭皮がムレるとやはり不快ですよね。そんな時にお勧めなのが頭皮ケア用スプレーです。頭皮にシュッとして軽くマッサージをするだけでかなり快適になります。発泡性のものやメントールが入ったものなどいろいろありますので、好みのものをチョイスして持っておくと便利です。

脱毛している方は、ボディーシートでふき取るという手もあります。メントール入りなどが涼しくて快適なのですが、刺激が強い場合もありますので、一度自宅で試してみてから、外で使うようにすると安心です。

ニット帽並みの暑さのカツラに勝つ!

とにかく暑い

暑い時期にはカツラは本当に辛いものです。しかも全カツラだと、本当にニット帽並みの暑さになると言われます。そして、通常であれば髪に吸い取られる汗がダラダラ流れて来るのでかなり厳しい状態になります。

この記事でお伝えしたような多くの工夫を凝らしつつ、頑張って猛暑を乗り越えてさわやかな秋が来るのを待ちましょう。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます