AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

薄毛改善「バイオテック」

洗髪

薄毛の治療には薬療法やメソセラピー、植毛などがありますが、今回は発毛と育毛に力を入れて業界初の特許を持つ「バイオテック」の技術を紹介したいと思います。

1.育毛ケアにおけるIGF-1と技術

薄毛を改善するためには、どのような原因から脱毛に至ったかを調べると治療薬等を決める手掛かりになります。ですが、頭皮環境が整っていなければ発毛や育毛は期待できません。しかし、そうは分かっていても、頭皮の潤いを残して汚れや毛穴に詰まった角質等を取り除くことは、家庭では困難でしょう。

1-1.遺伝子検査

発毛や育毛には大事なこととして、DHT(脱毛ホルモン)の抑制をすることが一つのポイントです。DHTに対するアンドロゲンレセプター(男性ホルモンやDHTの受容体)の感受性が脱毛に関わっており、この体質は遺伝すると言われています。遺伝子検査を受けることによって、治療の方針も決めやすくなります。遺伝子検査には、AGAの発症に関する発現度を調べたり、DHTの影響を受けやすいかを調べます。

1-2.IGF-1理論

重要なのは、髪を生み出すための「IGF-1」の生成を促すこと
※IGF-1とは
IGF-1(インスリン様成長因子1)は成長ホルモン(GH)に刺激されると、主に肝臓で分泌されます。人体のほとんどの細胞がその影響を受けます。IGF-1はインスリン様効果に加え、細胞成長、特に神経細胞の成長と発達、そしてDNA合成を調節する働きを持っています。

「バイオテック」においては、IGF-1の生成を促進させて髪の成長への働きを高め、育毛物質を効果的に増加に加え、DHTの抑制をプラスして育毛ケアを実施されています。

1-3.頭皮における育毛効果について

<重要なシスチン結合>
髪の主成分のタンパク質を構成しているアミノ酸。その中の「シスチン」が100個以上結合するとタンパク質になります。そしてシスチンは「システイン」が結合することによってなされます。
<頭皮環境を正常化する>
脱毛の原因として皮脂の余分な分泌、血行不良等が考えられます。皮脂の過剰な分泌によって、分泌された皮脂が空気に触れて酸化し毛穴をふさぎます。ふさがった毛穴は炎症を起こし、髪が抜けやすくなります。血行不良は毛根に栄養を届きにくくするため、髪が細く抜けやすくなります。

1-4.「バイオテック」の頭皮ケア技術

HPに掲載されていますが、「バイオテック」における、技術内容を紹介します。

<抜け毛防止ケアの技術内容>
1.<シャンプー>アミノ酸系のオリジナルシャンプーで汚れを落とす。・・・頭皮の表面の汚れを落とします。
2.<遠赤スチーム>頭皮を温め、毛穴を開ける。・・・毛穴につまった汚れを落としやすくします。
3.< 炭酸シャワー&もみ出し>オリジナルの炭酸シャワーを浴びせながら独自の手技でもみほぐす。・・・IGF-1産生を高め、血行促進し、毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を取り除きます。
4.<発毛促進剤塗布>特許製法の発毛促進剤「バイオウィズワンβS」を塗布。・・・環境が整った頭皮に良く浸透します。
5.<トリートメント>髪にハリとコシとボリュームを与える。・・・髪全体をまとまりやすくします。
6.<オゾン照射>柔らかい毛も強くして、頭皮を殺菌。・・・IGF-1産生もさらに高まります。
7.<発毛促進剤再塗布>再度、発毛促進剤を塗布。・・・2度塗布することで頭皮に十分に栄養が行きわたります。
8.<毛髪保護&整髪>毛髪保養剤を塗布。・・・髪を外からの刺激から守ります。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます