AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

【実録】26歳で薄くなり43歳でこんな感じ

悩む

元薄毛サラリーマンの「かず」です。

今回、このコラムを執筆させていただく機会をいただきました。せっかくのことですので、実際に、一度かなり薄くなった僕が、今ふさふさに戻っているという実体験を語らせていただきたいと思います。

世の中、ストレスフルです。サラリーマンをやって、少し気が小さいともなれば、頭髪はあっという間に寂しくなってきてもおかしくないでしょう。そして、何か情報を得ようと検索しても、グーグルの中の頭髪に関する情報は、アフィリエイトサイトだらけです。

薄毛は早めに対策すれば、本当に治ります。そのやり方を、私自身がやってきた方法をそのままに、お話ししてみたいと思います。
 

思えば、最初に薄毛を意識したのは「17歳の時」でした。当時は、本当の話、「ハゲしいな桜井くん」が好きで、全巻持っていて、「ちづかちゃんみたいなガールフレンドいいな」なんて思っていたころです。自分の頭髪が薄くなるなど全く考えていませんでした。実際、茶髪にしていて、人より髪の毛は多い方でした。(おでこは広い方でした。)
 

桜井くん
 

ある時、プールに入った際、一緒に遊んでいた当時33歳の僕の師匠とも言える先輩に、「かずちゃん、将来、きそうだね。」と言われたのです。当時は「まさか」と思っていましたが、はっきりと記憶に残っているということは、それなりにドキっとしたのでしょう。そして、その予言は10年もしないうちに、見事に当たることになりました。

そうなんです。僕は、サラリーマンになって3年ほどした26歳のころ、はっきりと「頭が薄くなってきた・・・」と実感することになりました。いわゆる若はげ。そして、とても悩みました。
 

若はげを自覚し、悩んだ日々

薄毛に悩んだ日々
 

僕の場合は、いわゆる前から来る「M字」のパターンでした。マクドナルドとかミッキーとか、今でこそ多少自虐的なハゲネタのような言葉で説明できますが、当時は本当に辛かったです。おでこが広くなってくるというよりも、1本1本が細くなってくることを感じていました。スカスカしてきた・・・という感じです。

僕の場合は、さらに猫っ毛、くせ毛。本当に厄介でした。女の子と飲み会があっても、それよりなにより毎日会社に行く時、シャンプーを終えて髪の毛を乾かしながら、右に分けると左が少なくなり、左に分ければ右が足りなくなり、正面から見る自分の姿と、横から見る自分の姿のイメージの大きな差にいつもため息をついていました。
 

セットが気に入らず、何度も髪の毛を洗い直し、固めるスプレーで少しでもボリュームを出そうと、頭を下に向けながらスプレーをかけたり、ブラシで持ち上げながら固めようとしたり、四苦八苦するのですが、所詮は髪の毛が細くてしかも足りないわけで、どんなにやっても格好良くなるはずがありませんでした。

会社に行けば、久しぶりに合うふさふさの先輩から、「おー、かずちゃん、結構きたね」といじられ、それが嫌で前髪を無理におろしたりして、ますます薄毛が目立つという悪循環でした。当時の髪の毛はこんな感じです。ちょっと太っているのもあるのと、写真がそもそも感じが違いますが、左は今よりかなり老けて見えます。
 

26歳と43歳

実際の26歳当時の頭髪写真が左、43歳の今の頭髪写真が右です。
 

17歳で指摘され、予防はしてきたのか?

食事
 

正直、予防は何もしてきませんでした。風邪をひかないうちに、風邪薬が買えるような性格ではありませんでした。21歳になってもブリーチをして、整髪料で頭をガチガチに固めたまま酔って眠ってしまうこともしょっちゅうでした。当時はタバコもたくさん吸って、頭髪にとって悪いことばかりしていました。
 

予防のため、シャンプーは何を使っていたか?

従って、いわゆる育毛系シャンプーなど全く使っていませんでした。スーパーマイルドシャンプーを主に使っていましたね。
 
シャンプー
 

予防のため、育毛剤は何を使っていたか?

もちろん使っていませんでした。むしろ、ブリーチやくせ毛を伸ばすために、当時の質の悪いアメリカ製のリラクサーを使って、髪にも頭皮にもダメージを与えまくりでした。
 

予防のため、サプリは何を飲んでいたか?

当時は筋トレをしていました。プロテインを飲んでいましたね。これも薄毛の原因になるってよく言われますね。真偽のほどは知りませんが。。
 

予防のため、ケアは何をしていたか?

何もしていません。完全放置どころから、悪いことばかりしていました。
 

予防のため、費用はいくらかかっていたか?

育毛にかけていた費用はゼロでした。
 

26歳で薄毛になった原因は何だったのか?

悩む
 

僕は、26歳で一気に髪の毛が薄くなってきた自覚を持ちました。日に日にセットがうまくいかなくなり、「あれ?」と思っている間に、あっという間にいわゆる「ちょっときてる」という人になってしまったのです。

第一の原因は、社会人としてのストレスだろうと思っています。そして、タバコ。一般的に、このストレスやタバコは薄毛の原因なると言われていますよね。ですので、僕の場合もそうだとは思います。僕個人の他の人とは違う原因としては、男性ホルモンが多め(強め?)ということもあると思います。眉毛が太いのに頭が禿げていく。今で言うと、『永遠の0』(太田出版)を書いた「百田尚樹」さんみたいな顔になってしまうことに、恐怖を抱いていました(笑)
 
まゆ毛
 

髪の毛をかきあげた時に、スカスカと指に頼りない感じが伝わる度、営業で歩き回って、ショーウインドウに自分の顔が映る度に、ため息をついていたことを思い出します。
 

シャンプーは何を使っていたか?

この当時、薄毛の自覚が出てきましたので、シャンプーを育毛シャンプーに変えていました。いわゆる、育毛剤とセットになったような、淡い緑色の容器に入った薬用系のシャンプーでした。買うのが恥ずかしかったな・・・。
 

育毛剤は何を使っていたか?

毎回違うものを買い、あれこれ試しました。頭をブラシで叩くようなものから、「サクセス」「毛髪力」「カロヤン」、本当にたくさん試しましたね。スプレータイプから塗るものまで、本当にいろいろ。ふりかけみたいなやつも考えましたね。「汗かいたらどうすんだ」と思って思いとどまりましたが。アメリカから「ロゲイン5%」を個人輸入していた時期もありましたし、中国の101を調べたこともありましたね。

ロゲイン
 

サプリは何を飲んでいたか?

育毛に効くサプリというのは、当時から色々な噂がありました。僕が買ったのは、「プエラリアミリフィカ」や、大豆イソフラボン系の「女性ホルモンが増えるんちゃうの?」的なやつでした。しばらく飲みましたが、効果は実感できず。おっぱいが大きくなった?(太っただけか・・・)気がしました(爆)
 
プエラリアミリフィカ
 

ケアは何をしていたか?

まずは整髪料を使ったらきちんと落とすこと、そして、整髪剤を極力使わないでいることを心掛けていました。マッサージをしながら洗うとかも試しましたが、やっぱり面倒と言うか続きませんでしたね。シャンプー後に育毛剤を振りかけて、なるべく早く寝る、ということをしました。30歳でタバコも止めました。
 

費用はいくらかかっていたか?

髪の毛も短めにしていたので1000円カット。費用はとにかく育毛剤でしたね。何せ、けっこう高いんですよね。カロヤンなんて当時1万円近くしたと思うのですが、高いなぁって思ったのを思い出します。リアップが出てきた時には、日本でミノキシジル入りの育毛剤が認可された!と喜びましたが、やはり高く感じましたね。
 

43歳の今はもうフサフサ! 治療はこうやりました

FUSSA
 

と、そんな辛い辛い薄毛時代を経て、今、僕の髪の毛はフサフサです。これ、本当です。それなりに犠牲にしたこともありますが、今は満足しています。生えてきたなと感じたのは、本気で治療すると思ってから1年半くらいしてからです。諦めなくてよかったです。では、実際にやってきたことをまとめてみます。
 

治療のため、シャンプーは何を使っていたか?

最初はいわゆるドラッグストアの育毛剤コーナーに置いてある薬用シャンプーを使いましたが、最終的に見つけてすごくよかったのは、「石鹸シャンプー」でした。これはとてもよかったと思います。
 
石鹸シャンプー
 

治療のため、育毛剤は何を使っていたか?

血行をよくするのが育毛剤の仕事だと思うのですが、僕の場合はスーッとするのが好きだったので、とりあえずはサクセスを使いました。
 
サクセス
 

治療のため、サプリは何を飲んでいたか?

サプリと言うか、薬ですね。ニュージーランドからプロペシアを個人輸入しました。途中で日本でも認可がおりたので、日本のAGAクリニックでプロペシアを買うようになりました。これは革命的でした。最初は副作用が怖かったですが、何ともありません。元気な子供もいますし、性欲も・・・強すぎて困っているくらいです(^_^;)
 
プロペシア
 

治療のため、ケアは何をしていたか?

シャンプーは1日2回。夜はリンスやコンディショナーは使わない。なるべく早く寝る。基本的にはこんなところです。皮脂の吸引のマシンやヘッドギアみたいなマッサージ器も買ったのですが(爆)、面倒で続きませんでした。
 

治療のため、費用はいくらかかっていたか?

ボーナスはマシンを買ったり、育毛剤貯金にしていましたので、けっこうかけていましたね。プロペシアは3カ月ほどで4万円弱ですから、なかなか痛い。ですが、フサフサな未来と天秤にかけたら、他を全部我慢してでも買う価値がありました。
 

40代になって薄毛再発防止のためにやっていること

26歳から悩み続けた薄毛。思えば20年近く、髪の毛を気にしてきました。長い友達とはよくったものです。とても気ままで弱く頼りない友達ですが、大切です。できれば、60歳を超えるまでは元気でいてもらいたいです。

最近は白髪も増えましたので、染めています。しかも、やや茶色にオシャレ染めもしています。さらに、前髪にはアイロンもしています。なのでセットが楽です。こんなことが楽しめるのも、AGAで治療したおかげです。特にプロペシアは、僕にとっては人生を変えるほどの効果がありました。悩んでいるのなら、早くクリニックに行くべきと思います。
 

再発防止のため、シャンプーは何を使っているか?

スポーツジムに通いだしましたので、そこに置いてある業務用のリンスインシャンプーの安物だと思います。コンディショナーはしません。
 

再発防止のため、育毛剤は何を使っているか?

使っていません。ただ、暑い時には、気持ちがよいという理由だけで、サクセスのエクストラクールを使っています。
 

再発防止のため、サプリは何を飲んでいるか?

血行をよくすることが、頭髪に関わらず健康にとって大切ということを実感する年齢になりました。今は、もっぱらDHA、魚オイルです。身体全体を健康にすることで、頭皮も頭髪も健康になるということがわかってきました。食べ物は野菜、納豆、豚肉を中心にしています。
 
DHA
 

再発防止のため、ケアは何をしていたか?

髪の毛を洗ったら乾かすこと。そのまま寝ないことくらいです。今は特にしていません。
 

再発防止のため、費用はいくらかかっていたか?

育毛剤もほとんど使わないので、プロペシアの3カ月で4万円弱だけですね。もう10年近く飲んでいると思うのですが、健康にはまったく問題ありません。
 

まとめ

僕の体験を赤裸々に書いてみました。これらは全て本当の話です。もし、あなたが薄毛に悩んでいるのでしたら、一日も早く、AGAクリニックに行って、お薬を処方してもらうことをお勧めします。

僕も実は、上には書かなかったですけど、アデランスもプロピアも行きましたよ(笑)10万円のプリペイドカード買って、ヤシの木みたいな毛を、今ある毛の根元で縛るやり方でやろうとしたこともあります。けど、当時の僕には、お金がついていきませんでした。ちょっとサボると、髪が伸びて、台風の後の南国みたいになりました。。
 
ヤシの木
 

もちろん、今は進化していて、こんな風にはならないとは思いますが、僕はやっぱりAGAがよかったです。このブログを読んでくれた方が、一日も早く薄毛の悩みから解放されて、楽しい毎日を送って下さることを願いつつ、ペンを置きたいと思います。どうもありがとうございました。
 

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます