AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

女性の薄毛は男性向けの治療では治らない?

やば~い

薄毛で悩むと言えば男性オンリーのイメージですが、女性でも悩んでいる人は多いのです。筆者の知人も、実は高校生の頃より髪が少ない、薄いと悩んでいました。今この状態で、大人になったらどうなるのだろう、と。

実際、年配の女性で分け目が非常に目立つ、という方がいらっしゃいます。髪が黒々としていると余計に頭皮の白さが目立つというか・・・。ボリュームアップのためにあれこれしている人も多いようです。

その中でも使っている人が多いのが育毛剤など、手軽に取り入れられるものです。それでも市販されているのは男性向け。わざわざ取り寄せなくても、とこれを使う人が圧倒的多数、という事実!

実は原因が違う?男性と女性の薄毛

女性の薄毛は、男性向けの治療では治らない、ということを耳にします。それならば市販品は意味がないですよね。これは真実なのでしょうか・・・。

女性の薄毛と男性の薄毛は、実はその原因が大きく異なります。頭頂部がハゲる、生え際が後退する、という男性に多い症状の原因の大半はAGAと言われています。これは男性ホルモンであるテストステロンが、酵素5αリダクターゼによってジヒドステロンという強力な脱毛ホルモンに変化することによって起こるものです。ですから、実際は市販されているような育毛剤だけを使っても治すのはかなり難しい、と言われています。

女性の薄毛の原因あれこれ

しかし女性の場合は違います。女性の薄毛は全体的に薄くなってしまう、ということが多いです。男性のように生え際や頭頂部のみ、という感じではありません。その原因は、加齢やストレスなどです。これをびまん性脱毛症と言います。

そしてもう1つ多いのが、分娩後の薄毛です。これはホルモンの関係。妊娠中にはエストロゲンなどの女性ホルモンが働き、髪も元気なのですが、産後にこれらが一気に減ってしまうため、薄毛に悩むということが増えるようです。

あとはひどいストレスなどによる円形脱毛症、そして髪を常に強く結んでいる看護師さんなどに多い牽引性の薄毛などが挙げられます。男性のように、薄毛の原因にどどん、とAGAが出てこないのです。

治療法も違う?男性と女性の薄毛

男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違う、ということがよく分かっていただけたのではないでしょうか。当然、クリニック等での治療方法なども全く異なります。女性にはAGA治療に効果があるものを頭皮に注射するメソセラピーなどを行ってもあまり効果は期待できません。また、5αリダクターゼを阻害するミノキシジルなどを使っても、その酵素が原因ではないので薄毛が改善することもないのです。

むしろ、市販されている育毛剤や薬用シャンプーなどの方が血行促進などによって効果が発揮されるかも、と思うかもしれません。しかし、男性と女性は根本的に皮脂の量などが大きく異なります。男性が毛穴のつまりを解消できるようなシャンプーであれば、女性の頭皮には刺激が強すぎることがあります。これは男性用の洗顔と女性用の洗顔に差があることでもお分かりかと思います。

ですので、使用する際は、女性は女性用を使う方が安心です。せっかく育毛をと思ってやっているのに薄毛が促進されてしまう可能性もあるのです。市販されているもの、通販で販売されているもの、ネットショップで売られているものなど、探せばいろいろと出て来るでしょう。

最高の選択は、やっぱりプロに頼むこと

しかし、一番女性の薄毛対策にお勧めなのは、やはり専門のクリニックに相談することです。自分では原因が何なのかよく分からないことが多い女性の薄毛ですが、プロが見ればもちろんその原因はすぐに分かりますし、正しい対処法も教えてもらえます。そして正しい治療を受けることも可能です。自己流で、知らず知らずにうちに薄毛を促進するよりも、一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます