AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

10代のための薄毛治療・育毛ケア

若者よ

薄毛に悩み始める年代ってどのくらいなのでしょうか。よく今現在ハゲている人は、10代はフサフサ、20代から怪しくなり・・・というような話を聞きます。実際、芸能人の紹介などではこれが顕著に画像で見られますよね。

薄くなって焦っても実はもう遅い、という場合があります。それはそうですよね。枕に抜け毛が、とか、髪をブラッシングしたらすごい量の抜け毛が、なんてことになってから慌てても、すでに毛根さまはご臨終なのかもしれないからです(チーン)。

10代のための育毛ケアとは

10代ですでに薄毛治療が必要かも、と心配をしているあなた。親御さんがそうなのでしょうか。それならば、今すぐ始めておくべき毎日の育毛ケアについて知るべきですよ!

お父さんもおじいちゃんも薄毛だ、ハゲている、という場合、体質が遺伝している可能性があります。男性の薄毛の主な原因はagaと言って、男性ホルモンであるテストステロンがとある酵素によって脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンに変わってしまうために起こる脱毛です。

しかし、これらは10代ではそうそう出て来るものではありません。ということは、10代の薄毛はもっと別の原因があり、ここでしっかりケアをしておかないと、この先の薄毛の進行が早まってしまうかもしれないという危険があるのです。ここはしっかり押さえておかないと!

10代の薄毛の原因・不健康な生活

さて、若者の薄毛の原因ですが、これはズバリ、不健康な生活にあります。睡眠不足、ストレス、偏った食事などなど、規則正しい生活を送っていれば関係ないものばかりです。ストレスや睡眠不足は血行不良をおこします。血液が栄養や酸素を体中に送るのですが、これが悪いと当然末端の方の頭皮まで行きわたりにくくなります。

その結果、強い毛が育たなくなってしまうのです。加えて栄養が偏っていれば、必要とされる養分が届きませんから、髪の毛は痩せて行くばかりです。ここは何とか自力である程度改善していくしかありません。

10代の薄毛の原因・間違った洗髪

そして直接頭皮に関係することとしては、シャンプーや整髪料などによるダメージがあげられます。毛穴のつまりや汚れをしっかり取らなければとして日に何度も洗っていると、頭皮のために必要な油分まで流れ落ちてしまいます。そうなると、逆に頭皮は油分が足りないと言うことでどんどん分泌します。これはニキビがひどくなるのと同じ原理なのです。必死に洗っているのがあだになる訳ですね。

そしてそれとは逆に洗わないのも問題なのです。整髪料が頭皮についたままで寝てしまったり、洗っても残っていたりすると、それが毛穴を詰まらせてしまいます。毛穴が詰まってしまえば、強くて太い毛が生えて来るはずもありません。

また、汚れがたまると頭皮に炎症が起きたりもします。それが原因になって毛穴が詰まってしまい、そこから毛が生えなくなることもあります。

今すぐ始められる、10代向け薄毛治療

今すぐ始めたい育毛ケアとしては、まず頭皮に優しいシャンプーに変えることです。本当はアミノ酸で洗う、というノンシリコン系がお勧めです。そして洗う時は直接頭皮にシャンプーをかけるのではなく、手でいったん泡立ててから。そして頭皮は指の腹で優しくマッサージするようにして血行を促進してから洗い流します。

そして普段から、整髪料をつけっぱなしにしないこと、できるだけ頭皮にはつかないように心がけるなどをしてください。洗い流すのに強いシャンプーがないと、と思っている方は、美容師さんの裏技として、先にコンディショナーを付けてなじませてから流します。こうすると整髪料が落ちやすくなりますので、その後シャンプーをすればOKです。

10代の薄毛は、少し心がければ随分と防ぐことができます。そしてその日々の習慣が未来の抜け毛予防にもつながってくるのです。今すぐ薄毛治療、スタートしましょう。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます