AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

ハゲに効く食べ物はコレだ!

定食

ハゲ行くものは藁をもつかむ・・・。生え際が、てっぺんが気になりだしたら何もかもすべて、髪に良いものに変えて何とかつなぎとめたくなるものです。

しかし、必死にわかめスナックなどを食べていればあからさまに「あの人薄毛が気になるのよ」「あいつ必死だなww」と言われかねません。それだけはプライド的にも避けたいですよね。

そこで今回はハゲに効く食べ物は食べ物でも、「え、これも効果があるの?」というような裏メニューのようなものを厳選してお送りします。

ハゲに効くつまみとは?

あなたはお酒を飲む時に何をつまみにしますか?スナック菓子ですか、それとも珍味でしょうか。今後は是非それをビーフジャーキーや海苔スナック、ナッツ類に変えてみてください。これらは意外に亜鉛の含有量が多いのです。

ビーフジャーキーについて

ビーフジャーキーには100gあたり8.8mgの亜鉛が含まれています。さらにたんぱく質も豊富、ビタミンB群も豊富に含まれています。カロリーも低く脂肪分も少ないので安心して食べることができるものです。



海苔(焼き海苔含む)について

海苔はビタミン、ミネラル、そしてたんぱく質の宝庫です。髪の健康のため、これらは欠かせないものです。そして海苔に含まれているEPAは血液をサラサラにする効果もあるので、頭皮の血行促進にも効果を発揮してくれます!

さまざまなナッツ類について

ナッツ類は全般的に亜鉛が豊富です。アーモンドやカシューナッツ、ピーナツ、松の実にエンドウ豆など、お酒のおつまみにも最適なものばかりなので、食べていてもまさかそれがハゲに効く食べ物とは思わないはずです。

ハゲに効く意外な食べ物とは?

では、あなたは外食する際にどのようなものを食べるでしょうか。ウナギや牡蠣は亜鉛が豊富なことで知られていますので、ハゲ対策とは思われなくても、精力増強を狙っている、というふうに思われる可能性はあります。実際亜鉛自体はセックスミネラルとも呼ばれるものですから・・・。

イソフラボン豊富・大豆製品

大豆製品

そこで今回提案するのは、ハゲに効く食べ物としてはあまり知られていない、でも一般的にあるものを食べることです。是非、毎日の食事に納豆、豆腐、味噌汁などの大豆を使ったものを取り入れてください。

大豆製品にはイソフラボンがたっぷり含まれています。このイソフラボンは女性ホルモンのような働きをする、として知られています。ということは、そう、男性ホルモンの働きを少し抑えてくれる働きがあるのです。プラス、AGAを引き起こす5αリダクターゼという酵素を抑制する働きもあります。

たんぱく質も豊富なので、質の良い髪のためにも積極的に食事に取り入れていただきたいものです。和食中心になるので身体づくりにもお勧めです。

相乗効果!唐辛子

その大豆製品を食べる時に一緒に摂ってほしいのが唐辛子です。唐辛子はイソフラボンの働きを促進する、と言われます。つまり相乗効果が期待できる訳ですね。その上、カプサイシンには血行促進効果があります。育毛のために血行促進は欠かせないものですから、意識して一味唐辛子などを一振りするようにしましょう。

成長因子が入っている?鮭

サーモンマリネ

せっかく和食の流れがあるので、そのまま一緒にお勧めしたいのが鮭、サーモンです。「鮭って亜鉛の含有量は少ないんじゃなかったっけ?」と思ったあなた、正解です。でもそれ以外の成分がすごいのです。IGF-1というグロースファクターが含まれています。これは育毛クリニックのメソセラピーの発毛カクテルにも配合されているもの。ヘアサイクルにおける成長期を延ばし、抜け毛・薄毛の予防をしてくれるのです。

密かに育毛を狙いましょう!

いかがでしたか?これらに育毛効果があるなんて知らなかった、という方も多いのでは?ハゲに効く食べ物でも、いかにも、に見えないものをうまく生活に取り入れて、誰よりも早く育毛に着手していきましょう!

もちろん食べ物に頼るだけではなく、専門的なAGA治療にもいち早く着手していきましょうね!

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます