AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

髪の毛の薄い女性がボリュームアップさせる技

髪は女の命と言われるほど、豊かな髪は女性ならば喉から手が出るほど欲しいものです。髪の毛が薄くなると何だか自信まで薄くなってしまいそう・・・。

もちろん、薄毛対策も大切ですが、それをしつつ見た目を今すぐボリュームアップさせる技も知っておきたいものです。同時にしてはいけないボリュームアップ方法もお伝えしていきます。

ボリュームアップなら断然ウイッグ

「カツラなんて」と言ってはいけません。今は髪の量に関わらず、ヘアアクセサリー同様に使われるのがウイッグです。特に部分用は手軽にボリュームアップできるのでお勧めです。

生え際が薄い、おでこが広いなどでお悩みの方は是非前髪用のウイッグを使ってみてください。今流行りの厚めバングスも一瞬にして手に入れることができてしまいます。

コツは、自分の髪の色をしっかりと見極めることです。色が合っていれば今のウイッグは質が各段アップしていますから、とても自然にボリュームアップが可能となります。

カーラーを使ってふんわりヘアに

パーマをかけると液により髪が傷んで逆に薄毛が気になるようになることもあります。しかし、カーラーならばただクセをつけるだけなので髪を傷めにくいのです。

トップのボリュームが気になるのであれば、2つか3つくらい大きめのカーラーを巻いておきましょう。ホットカーラーなら10分程度、普通のカーラーであれば30分もあればふんわりです。

ノンシリコンシャンプーを使う

髪のためのシャンプー

引用元:髪に悪い シャンプー成分とノンシリコンシャンプー http://xn--navi-z63cmda43atn4a93dydb0690j32td3x7c.com/category3/entry91.html

アミノ酸で洗うタイプのシャンプーであれば、即効で髪に栄養を与えてくれますので髪のハリやコシが変わります。髪の毛が薄い女性はぺたんこになってしまいがちですが、髪の1本1本が元気になるとボリュームがしっかりアップしてくれます。

カーラーで巻くにしても、ハリのある髪の方がしっかり型が付きやすいのでこちらは即効性のあるものとしてお勧めです。馬油を使ったシャンプーなどもあります。

ヘアスタイルでボリュームアップ

男性の薄毛はヘアスタイルを変えてもなかなか隠すことはできません。しかし、女性にはヘアアレンジという強い味方があります。頭頂部やつむじ、分け目の部分が気になる場合、ピン1本、ヘアゴム1本あれば見違えるようになります。

前髪部分をボリュームアップさせるなら断然ポンパドールです。前髪をまとめ、きゅっとひねってからピンで留めるというものです。髪が少ない場合は、ここに盛るための芯を入れれば簡単ボリューミー。

頭頂部が気になる場合も同様です。キャバ嬢が流行らせた「盛りワザ」は髪の毛が薄い女性にとっても素晴らしいワザとなるのです。トップに芯を入れて髪をかぶせるようにすればおしゃれかつ薄毛隠しのヘアスタイルが出来上がります。

これはNG!逆毛を立ててボリュームアップ

逆毛の作り方

引用元:ウイッグで気分アゲアゲ http://wigfan.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

髪のボリュームを出すために逆毛を立てるという方法があります。ブラシやくしで髪を根元に向けてとき、あえて絡んだような状態にするというものですが、これは切れ毛の原因になります。

薄毛で悩んでいる人の髪は大半が細くなっているため、切れ毛が増えて全体的に髪が薄い印象が強くなってしまいますので要注意です。



これもNG!コテで頭頂部を巻く

ヘアアイロン、コテ、呼び名はいろいろあります。簡単にヘアスタイルを作れるので重宝しますが、髪を傷めやすいのが問題です。

頭頂部に簡単にボリュームを出すため、ということでこれを使おうとする人がいますが、トップ部分は使わない方が無難。これも切れ毛の原因になりますし、大切な頭皮のやけどを招く恐れがあります。トップ部分は時間はかかってもせめてホットカーラーでクセをつけましょう。

芯からボリュームアップするために

髪の毛の薄い女性がぱぱっとボリュームアップできるワザをお伝えしましたが、もちろんそれだけでは一時的な対処にしかなりません。根本的な原因を解消しなくては、薄毛は進行するばかりです。

大半、女性の薄毛はホルモンの乱れが原因ですから、大豆製品やざくろを摂取して女性ホルモンを補ったり、自律神経を整えるためにストレス解消に務めたりすることも大事です。

もっと早く効果を、と思えばやはり女性向けAGAクリニックに相談しましょう。薄毛の治療はもちろんですが、髪についての詳しい知識があるのでヘアスタイルなども相談に乗ってもらうことができます。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます