AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

薄毛外来に行ったら、何が解決する?

待合室

薄毛を何とかしたいと思ったらどこに行くか・・・。近くにハゲ専門のクリニックはないし、どうしたらいいかな、という時の救世主が「薄毛外来」です。

皮膚科、内科等を見るとその項目の中に「薄毛外来」と入っている場合があります。この薄毛外来、もしも行ったとしたら何がどこまで解決するのか知っていますか?意外と知らないのではないでしょうか。

そこで、薄毛外来ってどんなところで何をするのかを検証してみました。こんなことがしてもらえるんです・・・。

そもそも薄毛外来とは?

薄毛外来は、髪についてのお悩みを相談するところです。薄毛に関すること、例えばボリュームがなくなった、とか、生え際後退、つむじが薄くなったなどの悩みを聞いて診断し、その症状に合わせた薬を出してくれたり、外用薬を処方してくれたりするところになります。

この薄毛外来、最近は女性の髪のお悩みも増えてきているため、女性専門薄毛外来も増えています。女性と男性の薄毛の原因や症状は異なる場合が多いため、専門の外来を設けて悩みに真摯に向き合っているようです。

皮膚科、総合病院の薄毛外来は?

さて、この薄毛外来、皮膚科や総合病院にある場合と、薄毛治療専門のクリニックにある場合があります。基本的に入院治療がないのはすべて外来、と考えればいいのですが、それぞれで対応が異なります。

まず皮膚科や総合病院内の薄毛外来であれば、最初からAGAにフォーカスして診察が行われる訳ではありません。まず、頭皮についてのチェックが入ります。問診から始まり、湿疹ができていないか、ストレス性のものではないか、頭皮は荒れていないかなどの確認をします。あくまでもAGA以外の可能性から探っていくことになります。



そして、他の原因が見つからない場合はAGAと診断が下され、希望すればプロペシアなど、その病院に置いている治療薬が処方されます。基本的にオリジナルのものがあることはありません。どこでも処方しているプロペシア、ミノキシジル、そして最近出たジェネリック、そしてザガーロなどです。

AGA専門の薄毛外来は?

AGA専門治療クリニックであれば、この辺はもっと丁寧です。問診表をもとにカウンセリングが行われます。薄毛の進行具合がどうなっているか等の説明に始まり、知りたいこと、聞きたいことがないか確認されます。基本的にドクターが対応してくれるため、あらゆる質問に対し丁寧に答えてもらえるのが魅力でもあります。

そして、専門のクリニックになると写真撮影が行われます。薄毛の部分を撮影し、それを見ながらの説明の他、実際に治療が始まったらそれを見ながらどのように効果が出ているのかを定期的に確認することができるのです。

さらに専門クリニックなら、遺伝子検査なども行うことができます。血液をとって、そこから調べられるものをいろいろと調べます。特に遺伝子検査は、ハゲるかどうかの遺伝子をチェックすることができるので、これをすればAGAなのかどうかがすぐに分かるというメリットがあります。

超シンプルな薄毛外来もあります

ちなみに本当に外来のみ、という感じのクリニックもあります。そういうところは目的が薬の処方で、初診再診などのお金はいりません、という感じ。その代わり血液検査のような詳しい検査なども行いません。「自分はハゲのサラブレッドで、遺伝子的に間違いなくハゲるんです!」という自信がある方ならこういうところの方が手間がかからないかもしれませんね。

どこまで知りたいかでチョイスを

薄毛外来は、病院か、薄毛治療専門クリニックかによって内容がかなり異なります。あなたがどこまで詳しいことを知りたいのか、そして解決したいのかによって選ぶべきところが異なりますので、相談前に一度箇条書きにしてみて、それからどちらの薄毛外来に行くのかを決めると、自分にぴったりのところに行きあたるはずです。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます