AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

AGA薬プロペシアの効果を高めるには?

相乗効果

AGA治療をするために欠かせないものと言われて思いつくのはやはりプロペシアではないでしょうか。薄毛で悩んでいる人の救世主だと言われて久しいものですね。

でも、プロペシアもやはり効果が出やすい人と出にくい人がいるようです。少しでもAGA治療の効果を高めるためにできること、というのはあるのでしょうか。

そもそもプロペシアとは?

プロペシアとはもともと前立腺肥大に効果を発揮していた薬です。その有効成分であるフィナステリドが、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させる酵素、5αリダクターゼの働きを阻害することによって薄毛・脱毛を予防することができるのです。

しかし、実はこの5αリダクターゼという酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類があるのです。Ⅰ型は全身の側頭部、そして後頭部の皮脂腺に存在しています。そしてⅡ型は前立腺、そして前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。

薄毛の大きな原因は何?

ちょっと考えると分かるのですが、薄毛に悩まされるのは前頭部、そして頭頂部ですよね。ということは、どちらかというとその薄毛はⅡ型の5αリダクターゼの影響を受けている、ということが言えます。そのため、AGAの治療にはこのⅡ型に効果があると言われるプロペシアが使われるのです。

プロペシアはⅡ型にしか効果を発揮しません。確かに基本的にAGAの治療はⅡ型に効果が出れば結果が導けるということになりますが、少なからずⅠ型も薄毛には影響している訳です。そのため、今注目を集めているのが両方に効果を発揮してくれるザガーロ(有効成分・デュタステリド)なのです。

プロペシアの効果を高めるには?

では、プロペシアの効果をもっと高めるにはどうしたらいいのでしょうか。そう、Ⅰ型に効果があるものをプラスすればいいということになります。Ⅰ型の5αリダクターゼを抑制するのはカテキン、ノコギリヤシ、亜鉛などです。ですから、プロペシアと一緒にこれらのサプリメントをとることにより、全般的に5αリダクターゼの働きを抑制することができるのです。

また、Ⅱ型の効果をさらに高めるために、Ⅱ型を抑制するものをプラスするのもお勧めです。「これ以上薬を飲むのは不安だし、金額も高くなるし、副作用も・・・」と思う方も安心してください。サプリメントでとるノコギリヤシやプロペシア(フィナステリド)の他、みかん等の柑橘類に含まれるリモネン、アロエに含まれるアロエエキスなどにもその効果があるのです。



薄毛に効果があるリモネンは、実よりも皮に多く含まれているのですが、みかんの薄皮や筋にも含まれているので、それを取らずに食べるようにすると摂取しやすくなります。また、アロエも最近では缶詰になったり、ヨーグルトなどに入っていたりするものが多いので、それらを意識して食べるようにするといいですね。お通じの改善効果もあるようなので、老廃物排出、という意味ではさらに効果が上がるかもしれません。

プラス、ミノキシジルは?

可能であればミノキシジルを同時に使用するのもありです。ミノキシジルはリアップなどに含まれていて、血行促進効果が高いので、頭皮環境を改善するのに役立ちます。外用薬としては一番効果がある、と言われます。これを併用することにより、AGAを内からと外から、Wで改善することができるようになるため、効果がもっと高まるのです。

少しでも早く薄毛から脱却するには!

プロペシアは比較的手に入りやすく、世界中で流通しているAGA治療薬です。薄毛治療をしている皮膚科やAGAを専門とするクリニック等ならどこでも処方してもらえます。もちろんプロペシアだけで成果を出して薄毛から脱却している人もいますが、せっかくなら誰よりも早くフサフサに戻りたいものですよね。そんな時には今挙げてきたようなものをプラスしてみてください。効果の現れ方が大きく変わってくるかもしれませんよ。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます