AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

はげないという噂の方法

はげない方法、というものはまことしやかに囁かれていますが、今回は世間で言われているはげない方法を分析して行きます。
しかしながら、以前とは異なりはげてきても、きちんと対処をしようという心意気があるのであれば、病院でAGA 治療として治療を受けることができますので、そこまで深刻に考える必要もないのかなと、思われます。
ストレスははげる原因なので、溜めないようにしてください!

ちまたの噂

シャンプーは多い方がいい

これは嘘です。頭皮を清潔な状態に保つことは重要です。

頭皮に棲む常在菌の一種が過度に増えすぎるとフケ症になり、その状態を放置すると脂っぽいフケにより毛穴が塞がって脱毛症になりますが、過度な洗髪は逆効果です。

界面活性剤などが含まれている刺激の強いシャンプーなどを使用して洗髪をすると、今度は頭皮トラブルの原因になります。

ちなみに、洗髪の習慣が広まったのは昭和初期頃なので、洗髪をするとはげないというのは、矛盾があります。

海藻類を食べるとはげない!

ワカメなどを食べると黒々した髪の毛が生えると言われていますが、これも嘘です。海藻類の中に含まれるミネラル、特に亜鉛に関しては、髪の毛を生やすのに必要な栄養素です。

しかし、海藻類をたくさん食べたからといって黒々した髪の毛は生えません。なぜなら、髪の毛になる栄養素は、肉や大豆などにふくまれるたんぱく質だからです。

低カロリーダイエットで肉などを一切食べなくなりますと、髪の毛にはあまりいい作用というのはありません。



オナニーを我慢すればはげない

オナニーを我慢すれば、男性ホルモンの低下を抑えることができるのではげにくくはなります。

まず、オナニーをすることで、血中のテストステロンという男性ホルモンの量が減少します。日に何度もオナニーをする場合、このテストステロンの減少が著しくなりますので、減った分の男性ホルモン量を補填するようにジヒドロテストロンが作られます。

このジヒドロテストロンははげを誘発するホルモンです。

しかし、はげない方法として長期間のオナ禁をしても、血中のテストステロン量は一週間で最大値を迎え後は変わらないので、長期間のオナ禁は意味がありません。

性機能が衰える可能性がありますので、たまにセックスなりオナニーをしたほうがいいのです。

家族にはげがいないとはげない

家族にはげがいなければはげる可能性は低くなります。しかし、不摂生な生活やストレスなどを貯めていますと、髪の毛へ行く血流の量が減ってしまい、髪の毛のターンオーバーに狂いが生じてはげてきてしまいます。

はげない方法は病院で!

まことしやかに語られているはげない方法をいくつか紹介しましたが、所詮は焼け石に水です。日々の努力は重要ですが、民間療法なんてものには限界があるのです。

また、サプリメントをのんだとしても、効果が現れるまでには時間がかかりすぎます。

ましてや、確実にはげない方法があるのに、病院へ行かないというのは狂気の沙汰です。それでいて、髪の毛の量が気になるという人は、火にガソリンをかけて消化を試みるようなものです。

男性のはげはAGAという進行性の病気です。特効薬も開発されている上に、改善方法を知っている専門医もいます。

効くのかどうかわからない民間療法や、医療行為が一切認められていないヘアサロンが処方するサプリメントを高額な金銭を支払って手に入れならば、AGA治療薬を購入したほうが、安全で確実に髪の毛のボリュームを増やすことが可能です。

また、はげない方法をあれこれ探す前に、遺伝子検査にて自分がはげやすいのか、はげにくいのかも調べることができます。

まとめ

はげない方法を個人で試すのは非常に有用です。しかし、髪の毛が薄くなり始めてしまったら、早く病院へ行くことをお勧めします。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます