AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

ハゲの原因は遺伝、生活習慣、ストレスが密接に関係することで起きる

ハゲの原因というものを考えたことがあるでしょうか?
例えば、ハゲた人が家族にいるからと諦めてしまうと、そこで道は終わってしまいます。
ハゲというのは、遺伝する体質のようなものですが、その遺伝が原因のハゲというのは、現在はAGA治療によって解決をされています。
むしろ、遺伝が原因以外のハゲというのが問題なのです。それについて、詳しく説明をしていきます。

ハゲる大きな原因は遺伝

まず、人間がハゲる原因というのは複数あり、その複数の原因が密接に絡み合うことにより、ハゲという結果にたどり着くのです。ただ、その中で自力ではどのようにしてもハゲる確率が高くなるのが、遺伝が原因のハゲです。
つまり、親と同じように身長が高いとか、親に顔や骨格が似ているとかと同じように親がハゲていると、子供も高い確率でハゲてしまうのです。これは、ハゲやすいという体質を親から遺伝によって受け継いだのが原因です。
体質なので、どのような努力によってもハゲるという未来は代えがたかったのですが、プロペシアなどのAGA治療薬の登場で遺伝が原因のハゲであっても回避することが出来るようになりました。
ちなみに、遺伝によって受け継ぐのは5αリダクターゼというものの量です。これは遺伝の影響を強く受けるのです。
この5αリダクターゼにテストステロンという男性ホルモンが反応するとハゲを誘発するジヒドロテストステロンを発生させます。
しかし、何度も述べるようにAGA治療薬によりジヒドロテストステロンの生成を阻害することが医学的に可能なので、現在、遺伝によるハゲは特に悩むべき原因ではありません。



生活習慣が原因でハゲる

現在は、こちらの方が原因でハゲるという人の方が多いかもしれません。こちらは、自身の生活の結果によってハゲてしまうのです。
生活習慣が原因のハゲというのは、生活習慣を変えない限り、なかなか改善が難しくなります。遺伝的にハゲる確率の低い人であっても、生活習慣が乱れていればハゲてしまいます。

食生活の乱れが原因でハゲ

人間は食べ物によって栄養を補わなければ、自身で栄養をつくることができません。そのため食事制限をともなう無理なダイエットを行なってしまうと栄養不足になり、生命活動にあまり関係ない毛髪への栄養供給能力が低下していき、髪の毛の成長が遅くなり、ヘアサイクルが乱れてハゲてきてしまいます。

慢性的な睡眠不足が原因

生活習慣から派生した原因ですが、慢性的に睡眠不足ですと髪の毛が弱くなります。人間は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、それによって髪の毛が成長します。
きちんと睡眠時間をとっているひとならば、髪の毛のヘアサイクルというのは正常のままです。いつまでも若々しい毛髪量を保つことが出来るのですが、睡眠時間が極端に短いと成長ホルモンの分泌量が減りますので、ヘアサイクルが乱れ、髪の毛が細くなり、はげるのです。

ストレスが原因でハゲる

ストレスが直接的な原因でハゲることがあります。円形脱毛症のようなハゲ方をするのですが、強いストレスを慢性的に受け続けることで体のサイクルが乱れていき、ハゲていってしまうのです。
円形脱毛症ではない、ハゲの原因にもストレスは関わっています。慢性的にストレスが溜まる状態を送りますと、自律神経などが乱れてきたりします。
自律神経が乱れてしまえば、睡眠をとることが難しくなったり、栄養の吸収力が鈍ったり、ホルモンの分泌量が乱れてきます。
つまり、ストレスが溜まりすぎますと、規則正しい生活習慣を送っていたとしても、生活習慣が乱れている人と同じようにハゲてしまうのです。ストレスがたまっている人の多くが規則正しい生活習慣を送れていませんので、ストレスも生活習慣が原因のハゲと関係があるといえます。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます