AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

薄毛治療のCMは詐欺?

コマーシャル

薄毛・ハゲの治療や専門のクリニックのCMを見かけることがあります。雑誌にも広告が掲載されていますが、あれってホントなのかと思いませんか?

特に実例として出ている人の画像、6ヶ月で見違えるようにフサフサになっています。絶対全員がなるはずない!あれは誇大広告だ!詐欺だ!と思っているのですが、皆さんはどうでしょうか。

薄毛って絶対に6ヶ月で治る?

もし詐欺ならJAROに電話しなくては、と思いつつも、その前にきちんと検証してみることにしました。題して「6ヶ月で全員がフサフサになるのかプロジェクト」です。

検証のために、まずはネットで探すことができるAGA治療を受けた人の写真を片っ端から見ていきました。その中でも、とても分かりやすい実例を発見しましたのでシェアします。

6ヶ月でフサフサの症例、見られる?

こんなに増えた
引用:ヘアメディカル http://www.hairmedical.com/aga-syourei/

誰もが発毛する、というのはあながち嘘ではないかもしれません。その多くの実例を見ることができるのがヘアメディカルのHPです。今現在で340もの症例があり、マウスを乗せるだけでビフォーアフターを見ることができます。

そしてクリックするとその先にさらに詳細な画像があるので、半年でどれくらい変わっていくのかを見ていきました。ぶっちゃけ、半年経つと見違えるようになりますね。2ヶ月とか3ヶ月だとまだまだ、って感じなんですが、6ヶ月目になると分け目がきっちり埋まっているし、スカスカだった生え際に毛が生えています。

1件だけじゃ信憑性が・・・他にある?

もう1件、銀クリ症例を見てみました。こちらは何を使ったかと治療にかかった金額まで掲載されているので、今後ハゲ治療を考えている人にはかなり参考になるでしょう。内服薬のみでフサフサになっている人もいてびっくりです。

だって、大半のところが実際にカウンセリングをして話を聞くと、内服薬と外用薬、多ければさらにメソセラピーをプラスしたセットを勧められるので、それじゃないと改善できないのかと思っていたんですよね。いやいや、衝撃。やはりCMは嘘ではないのです。



【悲】生えない実例も見つけちゃった

ただし、本当に全員がフサフサになる訳ではない、という実例も掲載されています。何とも正直な結果を見せてくれているのもヘアメディカルです。そして、どうして結果が出なかったのかも本人のコメントとして寄せられているので「なるほど」と思ってしまいます。

では、CMのごとく、薄毛に悩む人が6ヶ月でフサフサになるためには何に留意したらいいのでしょうか。実はこれ、すごく当たり前のことのようです。効果が出なかった人のコメントを見るにその原因は頭皮トラブル、不規則な生活、長い間薄毛を放置しすぎた、ということに集約される感じです。

生えなかった要因TOP3

トラブルいろいろ
引用元:hoyu http://www.hoyu.co.jp/corporate/news/news/227.html

頭皮にトラブルがあれば、いくら内側から毛が生えようとしても阻害されてしまいます。頭皮が固くなり、血行不良になれば育毛効果は半減すると考えてよいでしょう。AGA治療薬を飲むだけで何もしなくていい、と考えている人は発毛効果が出にくいようです。

そして生活が不規則な人も効果が出にくいです。決まった時間に食事や睡眠、そして薬の服用ができないとやはり効果は半減します。不規則な生活は不思議と食生活も乱します。髪や頭皮のためになるものを口にできていない、必要成分が足りないのが毛が生えない原因になっています。

そして薄毛を甘く見て放置しすぎるのもなかなか効果が得られない原因となります。AGAは早く対処すればするほど効果が出やすいものです。長く放置すれば、その間にもう少し頑張れるはずの毛根もやせ細り、抜け落ちてしまいます。

そうなるともうそこからの発毛は望めません。植毛などの必要が出て来ますので、半年ではとてもとてもフサフサは望めません。

6ヶ月でフサフサになった人はズバリ・・・

薄毛治療のCMに出ているフサフサさん、それは良い条件が重なった人たちだったのです。あなたはどうでしょうか。もう少し待ってから、とかまだ大丈夫なんて思っていたらいけません!6ヶ月で薄毛の悩みを解消し、CMは詐欺ではない、と声高に叫べる存在となってください。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます