AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

育毛剤のランキングにあるものは効かない?

ランク分け

薄毛が気になる、どうもハゲてきた。そんな時に頼りたくなるのがやっぱり育毛剤ではないでしょうか。できるなら効果が高いものがいい、と思うのも当たり前で、ランキングを検索したりするでしょう。

上位にあるものはその都度入れ替わりますが、効果が高いものがどんどん上位に行くはずですから、効果は常にある程度高いはずなのです。だって、育毛に関するいろんな研究は常に続けられているわけですからね!

でもね、どんなに上位のものを使っても効果が出ない、って嘆いている人がいるんですよ、絶対。管理人もそういう経験があります。みんな効果が出たっていうのに何でだよ!って。

どうして育毛剤が効かないのか?

その理由、分かりますか?別にその商品が悪い、っていう訳じゃないんです。本気で育毛していくためには、外から一生懸命するだけじゃダメってことなんです。例えばリアップ。ミノキシジルが配合されていて、発毛に効果がある、と言われていますね。

でも、ミノキシジルの効果はあくまでも血行促進がメインです。もともと血圧降下のための薬として使われていたミノキシジルは、その血管拡張作用のおかげで血行が良くなり、養分がスムーズに運ばれることが良い方向に作用したのではないかと言われています。

AGAには育毛剤が効くの?

血行不良による栄養不足が原因であればミノキシジル配合の育毛剤で効果を得ることができるでしょう。しかし、薄毛の原因はそれだけではないのです。そう、耳にすることが増えたであろうAGAです。

AGAは外部から何かを補う程度ではストップすることができません。これはAGA治療を行っているクリニックでも言われています。例えば植毛をしたとしても、AGA自体が改善する訳ではないので内服薬を飲み続けるなどの治療は必須なのです。

確認・AGAとは何ぞや

AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によって変異し、脱毛を強力に促すジヒドロテストステロンになってしまうことで起こる病気です。遺伝子によるものなので、これ自体をストップすることはほぼ不可能だと言われています。

しかし、5αリダクターゼと男性ホルモン・テストステロンが結びつくのを阻害することはできます。それを行うのがAGA治療薬として有名なプロペシアやザガーロなのです。その主成分であるフィナステリドやデュタステリドは5αリダクターゼに働きかけてくれるのです。



このような内服薬を摂取しない限り、体内で起こっている脱毛への変化を止めることはできません。そこを知らない人が案外いるのではないでしょうか。何度でも言いますが、外用薬、育毛剤だけではほとんどの薄毛・ハゲの悩みを解消することはできません。

内服薬との併用が大事!

しかし、内服薬を使っていれば別です。または5αリダクターゼに効果があると言われる亜鉛やノコギリヤシなどのサプリを摂取している場合も同様です。身体の内側の変化をストップすれば、後は頭皮と髪の環境を整えることだけに注力すればいい訳ですね。

そのためには育毛剤もかなり効果がある、ということになります。当然ランキング上位にあるものを使えばそれだけの効果が得られるでしょう。また市販の育毛スプレー等でも血行促進効果は得ることができます。しっかり頭皮のマッサージをして、頭皮環境改善と血行の促進に頑張りましょう。

育毛剤が効かない、とあれこれやるよりも

育毛剤のランキングトップにあるものを選んで使っていても効かないのには、そんな理由があったのです。あれも効かない、これも効かないとあれこれ買いそろえるよりも是非一度AGA治療をしているクリニックに相談をしてみてください。

そこでAGAチェックをしてもらえば効かない原因、そしてその悩みを解消するための薬や治療法を提案してくれるでしょう。育毛剤ランキングにばかり惑わされるよりもこちらの方が効果が高くなること間違いなしです。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます