AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

育毛ヘルメットは若ハゲに効果あり?

メット

薄毛に悩む人の救世主となり得るか!海外で開発・発売された育毛ヘルメットなるものに注目が集まっています。

育毛ヘルメットの現在の主流は2つ。ホンマでっかTVで紹介された「Theradome(セラドーム)」、そして「iGrow(アイグロウ)」です。それぞれの特徴を少しご説明していきましょう。

セラドームの製品仕様は?

どんなもの?
引用元:セラドーム http://www.theradome.jp/

まずセラドーム。今まで育毛剤などでも薄毛が解消されなかった方も大丈夫!というふれこみで販売されています。低出力レーザー育毛器で、あのFDAから安全性を認められているという、買う方も安心!なモノ。

FDAと言えば、ミノキシジルとフィナステリドに育毛効果がある、と認めているアメリカの政府機関です。ここは厚生労働省のようなもので、とても厳しい基準・そして高い水準が設けられているたえ、ここで認められるということはなかなかにスゴイことなのです。

育毛ヘルメットですから、当然かぶるスタイル。頭皮照射面にちょうどいい量の光が照射されるようにマイクロプロセッサーでコントロールされています。使用されているレーザー何と80個。頭皮全体に隙間なく照射され、効果を発揮してくれます。

セラドームの使い方は?

使い方は簡単、週に2回の1日20分、セラドームをかぶるだけ。半年も続けるとどんどん毛が生えて来るそうです。まずは抜け毛予防、そして頭皮環境の整備、最後に髪が太く濃くなって生える、ということです。

ただ、発毛ではなくあくまでも育毛なので、「ハゲは治る!でも例外も・・・そのパターン3つ」でご紹介したように毛根が寿命を迎えていた場合には効果がありません。当然、早く始めれば始めるほどに効果が高い、ということになりますね。

セラドームの価格は?

気になる価格は公式ホームページで109000円となっております。育毛サロンなどの金額を考えるとそんなものなのかもしれません。

アイグロウの製品仕様は?

販売ページ
引用元:楽天 http://urx.red/xGMD

次はアイグロウです。アイグロウはセラドームとちょっと形が違います。すっぽりかぶるというより、上に乗せている感じ。パーマをかけるマシンを思い出しますね。

こちらは8ヶ月で40000台以上販売されたという実績アリ。早い人で3ヶ月、半年使えば大半の人が効果を得られるということです。

アイグロウの使い方は?

使い方はセラドームと同じで週2回、20分から25分。リモコンで、脱毛タイプにあったコースを選択できるというハイテクさ!そしてこれ、ヘッドホンが内蔵されているので音楽を聞きながらケアすることができるのです。

50ヶ所以上の光源から低出力レーザーとLEDライトを照射します。これは赤い光を650から670ナノメートルの波長範囲内で使用するのが一番髪に良い、という研究を受けての事だそうです。

髪に良いとかリラックスできる音楽とかを流しながらやるとさらに効果が出るのでは、と期待してしまいます。

アイグロウの価格は?

そして気になる価格は楽天で59800円でした。リーズナブルな価格がウリだったようですが、在庫がないようで現在販売されているのはアマゾンの95000円。う~ん、リーズナブルではないかも・・・。

若ハゲには効果を発揮してくれるのか?

代表
引用元:吉本芸人プロフィール http://urx.red/xGN2

微妙に違うこの2つの育毛ヘルメットですが、どちらも今ある髪を太くしていく、頭皮の環境を整えていく、というものなので、まだハゲはじめの若ハゲさんにはかなり効果が期待できそうです。

しかし、毛根がない部分には生えてくることがないので、もしも使うのであれば今すぐスタートした方がいいでしょう。若ハゲでも放置すると毛根は寿命を迎えてしまいます。そうなれば育毛ヘルメットもAGA治療もどちらも効果が出なくなります。

その際には植毛をしてから治療をしていくというのが一番有効になりますね。植毛は自分の後頭部から毛根を持って来て植毛するARTAS植毛が拒否反応も出ません。今の植毛の主流となっていますね。

AGA治療もこれだけで可能になる?

しかし、育毛ヘルメットではAGAの進行自体を止めることはできません。HPや仕様書のどこにもそのホルモンや酵素に影響してくれるとは書いていません。ですので、最強の育毛方法としては内服薬を飲みながら自宅で育毛ヘルメットケアを行う、というもののようです。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます