AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

薄毛を気にして坊主にしてみたら・・・画像あり

昔々、管理人が学生で薄毛とは無縁だったころ。スキンヘッドでコワモテの先生がいました。その先生、薄毛が気になり、思い切って剃ったのだそう。よくよく見ると、確かにソリコミがかなり深い・・・。でも、確かにその先生が薄毛だとは気づかなかったという思い出があります。

反面、そこまで潔くすることができず、いわゆるおしゃれボウズを狙った知人は明らかに頭頂部が薄い状態なのが目立ってしまい、「あちゃ~」な状態でした。坊主も本当に難しいのです、ハイ。

ということで、薄毛を気にして坊主にして大成功した人、大失敗気味の人を画像を見ながら分析していきたいと思います!

一層キャラクターを引き立たせる素敵坊主

高橋克実
引用元:にんじ速報 http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/33532904.html

まず成功例として挙げられるのは、高橋克実さんでしょう!一時期は立派なM字型のハゲを隠そうとしていましたが、潔く短く刈り込んだ坊主になっています。これが高橋さんのキャラクターを一層引き立たせる感じになっています。

むしろ今の方がいい味を出しているし、笑顔が一層にこやかに見えて薄毛に目が行かなくなってしまいます。このパターンは所ジョージさんでも証明済み!

逆にある程度髪を残してMを目立たせる方向に行っているのが笑福亭鶴瓶さん。あからさまにM字ハゲですよ、というアピールをしている感じにも見えますが、それは師匠のキャラクター。個性を際立たせる感じが強いですね。

眉から頭頂部にかけてが長いので、むしろツルツルにしてしまうと何か痛々しくなりそうですが、そこはやはりわきまえていらっしゃいます。さすがです!

全く薄毛なんて感じさせないかっこよさなら!

そして外国からも参戦!坊主と言えばこの人、ブルース・ウィリス。もう坊主頭以外が思いつかないというほどしっくり来ています。でもそうなる前は彼も明らかな薄毛でしたね。微妙に隠したりソフトモヒカン気味にしたりするよりは、今のスキンヘッド方がよっぽどかっこいいです

正直、芸能人の方々は皆さんさすがスタイリストがついているのもあって、大成功の方が多いですね。むしろ潔く坊主にしてかっこいい!ってな感じが画像を見ても納得です。



似合ってたのになぜ坊主にしてしまった?

ベッカム
引用元:海外芸能芸能ゴシップノート http://www.gossip-note.com/2008/12/post-915.php

そして失敗と言えば、個人的にはベッカム氏ですね。ソフトモヒカンの時は全く薄毛が目立たずイケメンの名をほしいままにしましたが、坊主にした時はなんだかイマイチ。顔つきは相変わらずイケメンであるものの、前の薄毛隠しの定番となったソフトモヒカンが似合い過ぎていたために、妙に目立ってしまった感があります。

坊主を成功させるには美容師に学べ

坊主をおしゃれに決めるコツは美容師さんがもっとも知っています。まず大切なのは、いったん長めにカットすることです。短くなった髪は元には戻りません。しかし、長い分はもう一度カットすることができるからです。

でもバリカンも一人でやるとなかなか大変なので、人の手を借りられるのであれば借りた方が無難。そして初回は一度プロの技を見ておくためにも、美容院でカットしてもらうのをお勧めします。美容院にはたくさんのメリットがあるのは「薄毛・ハゲこそ、むしろ美容院に行きなさい!」で証明済みです。

家で坊主にしたい人へのマル秘アドバイス

バリカン
引用元:4cm http://www.4cm.jp/post-1251/

それでも家でバリカンでやる時には、まずは全体を8ミリなどでカットするようにします。そしてそれから5ミリなり3ミリなりで刈り込んでいきましょう。最初にイメージ図を描くのも大切です。

そして順番ですが、まずはサイドの下側部分です。頭頂部はソフトモヒカンにもできるように残しておきましょう。横はツーブロックや刈り上げなどが流行っているので、先にカットしちゃって大丈夫です。左右交互にきれいに刈りましょう。そしてその後はバック、先ほどより上のサイド、そして頭頂部と刈っていくと失敗が少ないです。

坊主も計算が必要なのです

薄毛だから坊主にすれば目立たない、と安易に坊主にすると後悔する結果を生むこともあります。まずは自分の顔や頭の形を客観的に見直し、どんな人タイプなのかを考えると失敗しにくいでしょう。

仕方なく坊主にしたのと、自信を持って坊主にしたのとでは顔が変わってきます。「あの人まさにおしゃれボウズよね」と言われるメンズを目指して頑張りましょう!

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます