AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

発毛効果が高いと言われる成分と副作用

毛が生える

育毛は大事。でも、切羽詰まった人にとっては発毛がもっと大事。そのためにいろいろな発毛剤を探し、発毛するといわれるサプリや処方薬を手にする訳です。

そして、時には海外で売られているものを輸入して飲む・・・オオサカ堂のようなところにお世話になっている人は案外多いのでは?

しかしここで注目。発毛効果がある、と言われるものは意外にたくさんあるのですが、その正しい効能、そして副作用までしっかり知っているでしょうか。例えばミノキシジルは?プロペシアは?そして最近評価急上昇のザガーロは?

そしてテレビで紹介されて一躍人気となった柑橘系成分は?亜鉛は?ノコギリヤシは?気になる発毛成分、ぜ~んぶまとめてみました!

発毛効果のある「薬」について

まずは処方、または輸入して飲む「薬」タイプ。プロペシア、ミノキシジル、そしてザガーロです。



プロペシアってどうなの?

プロペシアの主成分であるフィナステリドはもともと前立腺肥大の薬として発明されたものです。その効能は、AGAを進行させるもととなる5αリダクターゼ酵素が男性ホルモンであるテストステロンをDHT(脱毛を促進させるホルモン・ジヒドロテストステロン)に変換するのを防ぐこと。2種類ある方のⅠ型に効果があります。

副作用で重篤なものから述べれば肝機能障害、ED、めまい、うつなどです。中でもEDに悩まされる人が多いようですが、これは多分に思い込みによるところが大きいようです。前評判を気にしすぎると余計悪いようです。

ミノキシジルってどうなの?

ミノキシジルはもともとは高血圧の薬として開発されたものです。効能は、脱毛症を回復させるというもの。毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と言われているけれど、実はよく分かっていないそう。

でも副作用ははっきりしています。危険なものから述べれば低血圧、多毛症、そして頭皮のかゆみなどです。全体的に毛を濃くする効果があるようなので、他の部分、例えばすね毛などが濃くなるというのは多々あるようです。

ザガーロってどうなの?

新薬
引用元:新橋駅前クリニック http://shinbashi-cl.com/zagallo

ザガーロは比較的最近処方されるようになったもので、こちらも前立腺肥大の薬として開発されました。主成分であるデュタステリドは5αリダクターゼのⅠ型、Ⅱ型両方に効果を発揮します。

副作用として他と違い大変危険なのは、女性に危険が及ぶというもの。妊娠中であれば子どもに生殖器官等の障害が起こることがあり、妊婦でなくても乳房障害を引き起こすことがあります。

それ以外の副作用としてはやはり肝機能障害やEDが挙げられます。効果がプロペシアの数倍とも言われるため、発症率も少し高くなっています。

発毛効果のある「薬」以外のものは?

次は民間療法的なもの。柑橘系成分、亜鉛、ノコギリヤシについてです。比較的簡単に手に入るこれらの成分はどうなのでしょうか。

みかんなんかの柑橘類ってどうなの?

みかん

みかんやグレープフルーツなどの柑橘類の皮に含まれる成分、リモネンは5αリダクターゼⅡ型に効果を発揮するというデータが出ています。みかんの皮に含まれているので食べるのは無理、と思われるかもしれませんが、袋や筋にもリモネンが含まれているので、意識して食べることで発毛効果も期待できそうです。

亜鉛って実際どうなの?

亜鉛は、I型Ⅱ型どちらの5αリダクターゼにも効果を発揮してくれます。それを期待して摂取しすぎると「急性亜鉛中毒」となり、胃の障害やめまい、吐き気などを引き起こします。また、副作用ではないのですが、ED改善効果もあるため、性欲が強くなってしまうこともあります。

ノコギリヤシってどうなの?

ノコギリヤシも亜鉛と同様、どちらの5αリダクターゼにも効果を発揮してくれます。大きな副作用の報告はされていないのですが、胃の不良、下痢や便秘などの腸の不良が起こることがあるようです。

自分に合ったものを見つけてトライを

いかがでしたか。それぞれにメリット・デメリットがありますね。併用すると良い物もあるし、価格が手ごろで手に入りやすいものもあります。いきなりAGA治療に行くには財布のハードルが高いこともあるかもしれません。この中から自分の生活にあったものをからスタートしてみてはいかがでしょうか。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます