AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

女性の薄毛をカバーできる髪型は?

アクセサリー

日本で薄毛の人は1,000万人を超えると言われていますが、薄毛で悩んでいる人は男性だけではありません。女性も様々な理由から、髪の量や薄さを気に悩んでいる人は多くいます。女性の場合は全体的な抜け毛の人が多いのですが、AGAの女性型と言われるFAGAの症状の人も多く、前髪や頭頂部が気になる人も近年増えてきています。悩んでいる女性のために、そんな気になる部分をうまく活かせたり、簡単に隠せる髪型を紹介します。

1.薄毛を隠す簡単ヘアアレンジ

最近髪が薄くなってきたように感じる、つむじが気になる。そんな時、ついパーマでボリュームを出してごまかしたりしていませんか?パーマの薬剤は髪はもちろんのこと、地肌についてしまった場合、炎症を起こしたりして、パーマも抜け毛を増やす要因の一つなのです。髪や頭皮にダメージをかけることなく、簡単に薄毛を目立たなくさせるヘアアレンジを試してみませんか。

1-1.前髪カバーには小物を使って

前髪や生え際の気になる薄毛のカバーは難しいと考えている人も多いと思いますが、小物を使うことで、うまく隠せます。ターバンや太めのカチューシャを使って、前髪の生え際あたりを隠す形で着けます。着けるだけなので簡単にイメージチェンジが出来て、おしゃれに見えます。前髪を多めにとって、サイドに流したり、前髪を分けてカチューシャを使って押さえてみたりしても可愛い印象になります。色や模様、形もいろいろあるので、シーンやスタイルに合わせてカチューシャやターバンを使い分けると楽しいですよね。

髪にも地肌にも刺激になるスタイリング剤等は、あまり量を使わずにセットしましょう。スプレーも使用した日は、夜のシャンプーを丁寧にして、付着物や汚れを髪や頭皮に残さないようにします。

1-2.分け目を変えてボリュームアップ

気に入っているからとか、これしか似合わないと思っていたりして、もうずっと同じ分け目で過ごしている人は要注意です。長い間同じ分け目でいると、その部分の頭皮や髪の根元に紫外線やスタイリング剤等の外的な刺激が集中して頭皮環境が悪化します。血行が妨げられ、地肌が固くなって毛が細くなったり、抜け毛が多くなります。

また、生え癖がついてしまうこともありますが、そこは逆手にとって、逆の方向から分け目を入れるだけで頭頂部にボリュームが出ます。いつもの通りに分け目を作り、少しドライヤーの温風を当てたあとに逆の分け目を入れてかき上げるように髪を反対側に持っていきます。そうすると、思った以上に髪にボリュームが出て、トップの薄毛が気になりません。

1-3.アップスタイルで頭頂部の薄毛隠し

ロングヘアやミディアムヘアの人には、サイドをすっきりとまとめてトップをふんわりと立たせた状態で髪をまとめると、美しく決まります。高い位置で結んだりすれば、若々しく見えます。夜会巻でハーフアップにまとめると、つむじの部分も気になりません。ボンパドールにすれば、ショートヘアでも似合います。前髪のボリュームを輪郭に合わせて、大きく取り分けて作ったり、可愛くまとめて作ると、ナチュラルにもスタイリッシュにも出来るでしょう。

髪を結ぶときは、長時間の同じ状態では禁物です。特に髪を強く引っ張った状態で結んでいると、若い女性でも毛根に負担がかかり、抜け毛が増えてしまうことになります。髪を結び直す意味で、途中で一度ほどいて髪を休ませたり、毎日髪をまとめたりすることは避けましょう。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます