AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

aga治療薬をジェネリックにしたら?

処方箋

ハゲ、薄毛に悩む人が一度は考える薄毛治療。昔はカツラでしたが、今は育毛のために効果がある薬がたくさん登場してきました。

メインはリアップに含まれるミノキシジル、そして前立腺治療の薬であったフィナステリドとなっています。フィナステリドはプロペシアの名前で、処方薬として薄毛治療をしている病院で処方してもらうことができます。

しかし、やはり正規品は値が張ります。病院で処方してもらう薬にもジェネリックが多くなってきましたが、このAGA治療薬にもジェネリックがあるのです。もしも正規品をジェネリックに変えたら、そこにはどんな差が出るのでしょうか。

有名なジェネリックといえば?

一番有名なジェネリックと言えば、ファイザー製薬が出したフィナステリド錠1mg「ファイザー」ですが、実はその他にも次々と出されています。サワイが出したフィナステリド錠1mg「サワイ」、クラシエが出したフィナステリド錠1mg「クラシエ」も同じくジェネリックとなります。これらは0.2mgの分もありますが、大半1mgの方を使うのでこちらでお話していきます。

その金額徹底比較!

ジェネリックも正規品も、含まれているのはフィナステリドなので効果は同じです。しかし、そこには金額の差が出てきます。これは処方しているクリニックによって金額が変わるので一概には言えませんが、ここでは浜松町第一クリニックの金額を例に挙げていきます。



プロペシアは1ヶ月分28錠で6500円となっています。これはいろいろなAGA治療クリニックを見てもほぼ7000円前後で収まっています。クリニックによっては初回は4500円程度ともう少し安い場合があります。

この金額を念頭において見ていくと、フィナステリド1mg「ファイザー」は28錠で4900円、「サワイ」は4700円です。「クラシエ」を探していくと、高円寺南クリニックで発見!こちらは「ファイザー」が5600円なのですが、「クラシエ」にすると4760円に下がります、とのこと。比較してみると「クラシエ」が最安値になりそうな予感です。

海外のジェネリックもあるよ

もちろんこのほかにも海外のものなどがあります。一番有名なのは、インドのシプラ社のフィンペシアでしょうか。同じくインドにはインタス社の作るフィナロ、イーストウエストファーマ社の作るフィナバルトもあります。インドはかなり前から販売していましたので、ジェネリックというよりはコピー版という取扱いになるようですが・・・。

ジェネリックと正規品、どんな差が出る?

さて、ジェネリックにするとどんな差がでるのかと言いますと、まず何よりも金額に差が出ます。AGA治療は一生ものです。身体の中で起こる変化をストップするものですから、飲むのをやめるとまた進行し始めます。この先ずっとお付き合い、と思ったらやはり安い方がいいですよね。

実際のところ、正規のジェネリックであればその内容は正規品と変わりません。よって実際の所、得られる効果は同じなのです。そのため、クリニックでもジェネリックを次々に変えていくこともあります。

けれど、正規品ではない場合は注意が必要な場合があります。特に海外のものを個人輸入で手に入れて使用し、重篤な副作用が起こった場合には保証されないこともあるようです。フィナステリドにはまれに肝機能障害が報告されますし、EDなども発症する、と言われていますので、それを考えるとやはりクリニックで処方してもらったものが安心かな、と思います。

まずはお医者さんに相談

ハゲの原因はAGA1つではありません。ストレス性であったり、病気が潜んでいたりすることもあります。ですから自分で決めつけず、きちんとクリニックで診断をしてもらってからの方が確実にハゲからの脱却が近くなります。ジェネリックを取り扱っている病院やクリニックを選んでいけば、安価でAGA治療を進めることができるので、個人輸入をするよりもよっぽど安心ですね。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます