AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

aga治療の押し売りトラブルに巻き込まれたら?

どうしよう

結婚詐欺など、人の悩みにつけこんでお金を巻き上げるやり方って本当に最悪ですよね。エステみたいに不安を煽るだけ煽って高額のものを契約させるなんてもってのほか。女性は本当に大変だ・・・。

でもそこのアナタ!女性だけではないんですよ!男性だって悩みに付け込んだ商法が存在するんです。包茎が有名ですが、最近ではハゲ、AGAに関しても増えているんです。もしもAGA治療の押し売りトラブルに巻き込まれたら、すぐにやるべきことをお伝えしておきます。

AGA押し売りトラブルとは?

その前にAGA治療の押し売りトラブルとはどのようなものかをお伝えしたいと思います。知らず知らずのうちに巻き込まれているかも!自分に当てはめて考えてみてくださいね。

昔は女性の痩身エステなどで本当に頻発したやり方、これが包茎やAGAに進出してきているのです。まず、無料お試しや無料カウンセリングという「客寄せ」を使い、サロンやクリニックに人を集めます。

ちょっと試してみたい、ちょっと話を聞きたい、と思って来た「カモ」を笑顔で誘い込み、いきなり高額の施術や治療を勧め、ローンを組ませようとするのです。試しに来ただけですからもちろん断ろうとします。

痛みをえぐる・・・ヒドイ!

しかし、そこで引き下がるのではなく、悩みをたてにぐいぐい攻め込んでくるのです。AGAならば「このままだとあなたの髪の毛は〇ヶ月後にはなくなってしまうかもしれませんよ」「今すぐやらないと毛根が死んでしまってもう二度と生えなくなりますよ」など、半ばおどしのような言葉を並べ立ててきます。

ひどい場合には「そんな頭でモテるはずがないですよ」「ハゲって嫌われるんですよ、もう一生結婚できないのでは?」というように、AGAに悩む人が持つであろう一番の不安を煽りたてて正常な判断ができないようにするのです。そして契約するまで絶対にその場から帰ることができず、だんだん洗脳状態になってきたカモはまんまと契約してしまう、というものなのです。

これの一番怖いところは、その場で一度施術をして、クーリングオフしにくいようにするところです。特に包茎は何度も通う必要はないものですから、この手が使われるようです。



自分そうかも、と思ったら?

もしも自分に当てはまる、と思ったら契約書を再度読み直してみましょう。納得いかない高額なものであればクーリングオフが効く場合があります。この手のタイプは8日間程度しかないので、もしかしたら過ぎているかもしれませんね。

その場合も諦めずに消費生活相談センターに連絡してみてください。何度もトラブルを起こしている所であれば、集団訴訟のための弁護団が立っている場合があります。その場合は弁護費用なども安く済みますので、一度相談してみるといいでしょう。

コレ、押し売りとは違います

ただし、何でもかんでも押し売り、という判断はいけません。その時にしっかり話を聞き、納得して契約したけれど後になって金額がちょっと、と思うようになったという場合は押し売りではありませんし、トラブルでもありません。

もしあなたが今から契約を考えているのであれば、無料カウンセリングに行った際にはそれだけでしっかり帰り、その場で契約をしないことです。一日しっかり考え、提案されたプランや金額は妥当か、そして本当に自分に必要なのかを検討しましょう。その上でやはり自分にはこのAGA治療が必要である、と判断した場合にのみ、契約をするようにすれば後悔もありません。

クリニック選びは慎重にね!

ハゲは命にかかわることでもないから治療の緊急性はない、とは言いますが、身体の中ではホルモン変化は進み、ハゲへの道もどんどん進んでいます。本気でやる、と決めているのなら、一日も早くやるべきではあることです。納得のいくプランを立ててくれるクリニックを探しましょう。「AGAクリニック5院にあれこれ聞いてみた」も参考になります。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます