AGA・薄毛治療に関する噂を検証するブログ

おでこが広い=ハゲ?チャームポイント?

子どものおでこが広いと「この子は賢いのね」と言われる。でも、大人のおでこが広いと「ハゲるよ」と言われる。実はチャームポイントと認定されるか、ハゲ認定されるかにはれっきとした基準があるのです。

おでこが広い=ハゲなのか、それともチャームポイントなのか?アウトとセーフの知られざる基準をお伝えします。これでヤバけりゃ、薄毛治療に猛ダッシュ!

おでこの広さは何を基準にして計る?

おでこの広い、狭いについての基準は一般的に7センチとか、指3本分とか言われます。でもこれって案外あてにならない。だって、指の太さはそれぞれ違うし、顔の長さでも違うからです。真剣にやろうと思えば、顔の長さに対する比率を計算しないといけません。

おでこが広いメリットは?

おでこが広いと社交的、聡明、おおらかな性格である、と言われます。額が広い=前頭葉が発達している、というイメージにより、頭がいい、賢いというものが定着しているのです。また、女性や子どもにおいてはおでこが広いと全開にしたらかわいい、とも言われますね。

おでこが広いデメリットは?

す~ぐ「ハゲ!」と言われます。生まれつき広かったとしても、将来ハゲるよ、と心配されます。女性だと、気にしている場合は前髪を長くして隠している場合が多いため、風が吹くと割れてしまい、余計に広く見えることもあります。

おでこが広いのは遺伝なの?



小さいころから広い、という場合は遺伝ということもあります。おでこが広いまま大人になり、お年寄りになっていく人も実際にいます。そのまま後退することがなく白髪になっていくパターンですね。

でも、徐々に広くなってきたという場合は、男性であればAGAを疑った方がいいでしょう。これは20代から注意した方がいいですね。「昔に比べて広くなった気が・・・」という場合には、とにもかくにも「あなたはAGA治療が必要?今すぐ確認」で診断をお勧めします。

おでこがチャームポイントになる場合は?

これは広さうんぬんよりも態度と清潔感。ハゲは油ギッシュ、テカってるというようなイメージを持たせなければ案外大丈夫です。フェイスシートなどでこまめにケアして艶消し(笑)をしておけば案外イメージが変わるものです。

そして堂々と!

この方・・・額が広いと言われてみればそうですが、こうやって言われないと気が付かないのは、やはりその自信みなぎるふるまいからくるものでしょう。

ハゲ認定されてアウトになるのは?

隠すために必死に前髪を伸ばす人がいますが、これは前髪が割れた時のインパクトが強すぎます。明らかに「隠している、ハゲている」という印象を強く植え付けてしまうのでNGです。

男性の場合狭い時は何とでもなりますが、広くなりすぎた時は深刻ですよね。
生え際が上がってきた時どうしても隠したくなるものです。
しかし厚めでパッツンというわけにはいかないので、長めで隠すという方向に行きがちですがこれはまちがいです。
長い髪は別れやすく逆に薄さが目立ってしまいます。
薄いポイントに毛先が落ちるようにカットするのがおすすめですね。
黒いなかかに肌色の線が長く入るより、額とつながった山なりのラインのほうが額が狭くみえます。

引用元:元美容師が教える美容院と髪のこと http://biyouin.hatenablog.com/

女性も同様。安室ちゃんなどは間違いなくおでこが広いですが、潔く出しているのと手入れが行き届いているので全くそれを感じさせません。素晴らしい見本ですね!

きれいな額
引用元:Namie Amuro Official Site http://namieamuro.jp/discography/single29.html

広いじゃなくてハゲだろ、と自分で感じたら

昔よりも確実に広くなって来た、生え際が後退している、ソリコミが入っていると感じるのであれば、それは薄毛への第一歩、またはすでに第二歩を踏み出している状態です。このままではおでこが広い、では済まなくなるでしょう。

男性の生え際後退の多くは5αリダクターゼという酵素が体内で悪さをしているのが原因ですから、早々にこれを抑制することで薄毛の進行はストップされます。また、もう一度あの頃のフサフサを取り戻すことも可能です。

サプリ飲むべき?治療に行くべき?

まずはAGAチェックが先決です。確かに亜鉛やノコギリヤシ、そして育毛サプリなども効果がないとは言いませんが、早く確実な効果を見たいのであればクリニックに行く方がよいでしょう。

とにもかくにも、時間は過ぎて行きます。「内科医がこっそり教えてくれたサプリの選び方」「有名3社の育毛費用を徹底比較!」を見て検討してみることを強くお勧めします。

免責事項

当サイトに掲載されている内容は、インターネット上にある記事、噂の情報をまとめたものです。症状、治療等、医学的な内容に関しましては、必ずAGAの専門家にご相談ください。当サイト上の情報等の正確性につきましては、お客様の自己責任でご判断の上、ご利用くださいますようお願い申し上げます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます